医療問題、経済事件、航空事故を専門に活動するジャーナリスト・作家 木村良一

三十余年、新聞記者として医療問題、経済事件、航空事故を専門分野として取材してきたたたき上げのジャーナリスト。趣味の登山の領域でも登山文化の向上のため活動している。

<略歴>

1956年10月18日生まれ。慶應大学卒。慶大新聞研究所修了。

1983年4月、産経新聞社入社。社会部記者が長く、警視庁、運輸省(当時)、国税庁、厚生省(同)などの記者クラブに在籍した。その間リクルート事件、金丸脱税事件、大蔵省幹部の不祥事問題、薬害エイズ事件、脳死移植問題などを取材し、記事にしてきた。

1998年2月、社会部次長。2005年7月から編集委員として医療記事を中心に執筆。2006年2月から社説やコラムを書く論説委員を10年間、担当する。

2002年7月に第21回ファルマシア医学記事賞、2006年9月に第25回ファイザー医学記事賞を受賞した。各賞ともその年の優れた医学記事を書いた新聞記者に与えられる賞。

2006年4月~2008年3月、慶大非常勤講師。

2018年10月31日付で産経新聞を退社、「ジャーナリスト・作家」として独立する。

著書に「移植医療を築いた二人の男 その光と影」(産経新聞社)、「SARS最前線」(扶桑社、共著)、「臓器漂流 移植医療の死角」(ポプラ社)、「パンデミック・フルー襲来」(扶桑社新書)などがある。

【現在の主な公の肩書】

日本医学ジャーナリスト協会理事・幹事

日本臓器移植ネットワーク倫理委員会委員

日本記者クラブ会員

日本マス・コミュニケーション学会会員

日本臨床外科学会役員・有識者医療問題懇談会のエグゼクティブ・アドバイザー

慶大旧新聞研究所(現メディア・コミュニケーション研究所)OB会による「Webマガジンメッセージ@pen」(下記URLクリック)の編集・執筆者

http://www.message-at-pen.com/?cat=16

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *